2017年5月8日

運用例


 


 


メザニン融資特化型ファンド

従来より金融機関が取り組んできたシニアファイナンスより投資リスクが高く、返済順位も低い投資で、運用資金をLBO(レバレッジド・バイアウト)に対する融資をはじめ、格付けが低い高利回り債や劣後ローン、優先株、将来のリスクが高い不動産開発事業などを投資対象としており、銀行と大手ノンバンクからの融資と株式による資金調達の中間にあたるメザニン融資に特化したファンドです。
“メザニン(MEZZANINE)”とは、「建物の中2階」という意味ですが、金融用語としては、通常の社債や融資と株式の中間に位置するミドルリスク・ミドルリターンを意味し、劣後ローン、劣後債、劣後株などがそれにあたります。
元利金の支払順位が低くリスクが大きい反面、それに見合う高い金利水準が設定されるものをメザニン・ファイナンスといいます。
条件設定が柔軟なのも特徴で、通常融資より調達コストはかかりますが、出資よりは安くあがります。そのため、融資・出資の不足分の調達、比較的安定した資金調達、資金繰り・業績に合わせた返済条件での調達が可能です。
このようなメザニン・ファイナンスで運用するファンドがメザニン・ファンドとなります。

 


 


 


 


 


 


バイアウト・ファンド

ロイズパートナーズが複数の機関投資家や個人投資家から資金を調達して企業に投資をし、経営に携わって企業価値を向上させた上で、企業を売却して利益を上げます。
バイアウト・ファンドの投資額は高額であるため、主に機関投資家から資金を調達します。
投資をする際は、投資先企業の過半数以上の未公開株式を取得することで企業の経営を切り離し、経営の主導権を握ります。
その後は、営業戦略の見直しや売り上げ拡大の提携パートナー探し、コスト・ビジネスプロセスの見直し、経費・原材料費の見直し、物流経費の見直しなどを行います。
企業の売却の際は、企業価値の向上で得られた資金を用いて借金を返済してから、企業を売却・株式公開をすることで、投資資金・収益を回収します。
バイアウト・ファンドの特徴は、 成熟した中小企業や大企業に投資をするところにあります。
今までオーナー経営をしていたが、事業経営者が見つからず、 どこかの会社に引き取ってもらいたい、大企業の一事業部 (または子会社) だが、経営を切り離して自由な企業活動をしたい、など様々なニーズを持った会社に対して投資を行います。

 バイアウト・ファンド